とっても効果的!アロマオイル

レレノア 女 20代 会社員 敏感肌がお話するニキビ用化粧水のこと

私は化粧水にはほとんどお金をかけていません。
乳液やファンデーションは市販の物を使用していますが、化粧水は手作りです。
以前は口コミを見て効果のありそうな高い化粧水を使用していましたが、あまり肌には合わず中途半端に残ってしまうことが多かったからです。
どうせなら安くてたっぷり最後まで使えるのがいいと思い、アロマオイルを使った化粧水を作ろうと思いました。
作るといっても大した工程ではなく、本当に簡単な作業で済みます。
お気に入りの精油を数滴と、精製水とグリセリンを加えたものをボトルに入れてよく振って混ぜる。
これで完成です。私がよく使うのは消炎、鎮静効果のあるティーツリーオイルです。
深い森林にたたずんでいるような落ち着きのある香りです。同様に効果のあるラベンダーやローズマリーもあります。気分次第でブレンドしたりして楽しむことが出来るのも魅力ですね。
これを洗顔後にたっぷりと吹きかけて、手で顔をプッシュしながら温めていきます。
手のひらで温めていくことで浸透力が増して成分が肌の奥にまでいきわたります。
鏡を見ると肌が綺麗なピンク色になっていることが実感しました。
アロマオイルは種類も多く、値段もピンキリですが私が使っている物は10ミリで500円ほどです。
以前のように数千円もする化粧水よりもこんなに安価で効果のある手作り化粧水のほうが断然お得ですね。

裏磐梯・五色沼へ撮影旅行

今日は福島県裏磐梯の五色沼で写真を撮りました。
福島県で写真を撮れる場所がないかと裏磐梯を探していたら、湖の標識があったので、立ち寄ってみたのですが、大変綺麗でびっくりしました。
案内標識によると、湖の色がいろいろ変わるから五色沼だそうです。写真で湖の色の違い…までは撮れませんでしたが、後ろの雪をかぶった磐梯山と湖でいい写真が撮れました。
よく写真に関して、引き算だと言う表現のする人がいますが、私は今まで足し算だと思ってました。引き算というのは撮る側の事情であって、足し算で撮って上手く撮れる写真家こそが、いい写真家だと思ってました。
しかし最近になって、自分の考えが甘くて、先人たちの教えが正しいのが理解できました。
写真というのは真実を撮ると書きますが、そもそも真実って何でしょうか。人間は直ちに異なる場所にピントや露出を合わせられますが、写真ではそうはいきません。
つまり写真はありのままを撮るのではなくて、何か表現をしなければいけないということです。表現といったことを考える時に、対象がたくさんあったり、主な被写体が複数あると物語がぶれてしまい、表現として成り立たないのかなと理解できるようになりました。
かなり脱線しましたが、五色沼の写真で言うと、山と湖くらいで綺麗に撮れるんですね。欲張らずに肩肘張らずに頑張ろう、写真に限らずそう思った1日でした。

あと一歩が、あだとなり

今朝は寒かった。寒かったと言うより、しばれた(北海道語で、ものすごく寒い)マイナス20度極寒の世界。

しかし、そうではあっても、晴天、青空が美しい。いわゆる放射冷却である。青空に誘われて、ウオーキングをした。て言うか、、さぜるを得ないお腹である(体内脂肪過多予備軍)

お昼を過ぎると少しは、しばれもゆるんで、ああ気持ちいい。歩いているとおお!青空に、ななかまどの赤い実がとてもよく映え、絶好のシャッターチャンス!しかし、しょせんスマホである、景色が遠い。

もう少し、近くに寄ろう。まだ遠い、、あと、もう少しもう少し、、と、ななかまどの木の近くに足を伸ばしたその時、あああああハマってしまった。足が新雪に。抜けない、必死でもがく、、
もがいて足がぬけたとたん、今度は思い切り倒れてしまった。ああ、恥ずかしい。誰も見ていなかった。

よ、、よかった。しかし、足の中に雪が入ってしまった。冷たい。あと一歩があだとなってしまった。

仕方ない、だいぶん歩いたから(と言っても20分くらい)帰ろう。待てよ、、コンビニで
スイーツを買うんだった。娘は、スイーツに目がない。冷蔵庫には、もう何にもナッシング。(無い)

コンビニに行ってジャスト30分ってとこか、うん、いいだろう。

結局娘にかこつけて、しっかり自分の分も買っている。

おいおい、、私よ!あんた、ウオーキング何のためにやってんのよ。30分ウオーキングして、何キロカロリー消費した?そして、こんな、スイーツ食べてさ、プラ、マイ(プラス、マイナス)ゼロ、、ゼロならまだいい、体脂肪は、右肩上がりか、、コンビニへの一歩も、あだとなり、、

Recent Entries »